■子育て中のママさんに人気急騰!教育関連商材人気ランキング


子育て中の親御さんに子供の教育関連商材や子育ての悩み解消関連商材が非常に人気です!特に合格保証付きの小学校受験・幼稚園受験は各種マスコミでも取り上げられており話題を呼んでいます。子育て関連情報に興味のある方はぜひ各サイトをご参考下さい。

1位 あすか会の小学校受験・合格講座【DVD3枚付き】
・成蹊123名、桐朋125名、国立学園226名など有名小に圧倒的な
 合格実績を誇る幼児教育の第一人者が合格の秘訣を全て公開!
・小学校受験の教室を始めて30年・あすか会の小池先生が監修!
・テレビ朝日・日本テレビなどの各種メディアで取り上げられた実績!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆

3位 3日後から育児が30倍楽しくなる魔法の育児術
・育児の悩み・ストレスから解放され、かけがえのない子供との
 時間を楽しく過ごすための3つの法則を公開!
・育児ストレスの根本にあるイライラや不快感を払拭!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆




■離乳食の量 1歳から1歳半のパクパク期


バナナ程度の硬さの食べ物の固まりをモグモグと口を動かして食べられる、3食しっかりと食べられるようになれば、パクパク期へ突入です。 1歳を過ぎ、殆んどの食材を口にする事ができるようになりますが、濃い味付け、刺激のあるもの、消化の悪いものなどには気をつける必要があります。いろいろな食材を食べることによって、食材の形状やかたさによって噛みかたを変える必要があることを覚えられます。

また、今まで与えてもらうものを食べていた赤ちゃんが自分で食べる事をしたがるようになります。手づかみで食材を口に運んだり、使い慣れないスプーンを使用したがる為、食事の時間は想像以上に回りが汚れますが、成長の一歩と思い、目をつぶりましょう。

パクパク期の前半では、炭水化物としての軟飯90g、ジャガイモは1個と1/3個、食パンの場合は3/4枚程度、バナナ1本と1/4本程度、うどんの場合は約90gと量もしっかりと食べられるようになります。

ビタミンやミネラルを摂取する野菜はニンジンの場合は30g、3/4本程度、に果物をりんごとして約10g。

たんぱく質は豆腐なら50g、白身魚15g、たまご1/2個、ヨーグルト100g、ささみ15g、納豆20gまで食べても問題ありません。 パクパク期後半にはいよいよ離乳食の完了期となります。主食のご飯は軟飯から、大人と同じご飯が食べられるようになります。ご飯の量は80g、ジャガイモの場合は1と1/2個、食パンの場合は8枚切りの食パンを約1枚、バナナは1と1/2本、うどんは110gと見た目にもしっかりとした量が目の前に並びそうですね。

ビタミン・ミネラルはニンジンの場合40gまで増量、 たんぱく質では、豆腐が55g、白身魚20g、卵2/3個、ヨーグルトは変わらずに100g、鶏のささ身は20gとおかずもしっかりと量が増えます。味付けはあくまで薄味を徹底しましょう。食事で取りきれない栄養は、おやつで補い、食事でしっかりと栄養を取れているようであればこの時期はまだ、おやつの習慣をつける必要はありませんよ。

■各時期の具体的な進め方を学ぼう!


★ 5ヶ月から6ヶ月のゴックン期
離乳食を始める時に悩むのが与える量ですよね。まずは、1日単位で与える量を増やしていきましょう。離乳食スタート1日目は10倍粥のすりつぶしを小さじ1さじ(5ml)・・・・ 続きを読む

★ 7ヶ月から8ヶ月のモグモグ期
離乳食に慣れてきた7ヶ月から8ヶ月頃のモグモグ期前半にはエネルギー源となる炭水化物を1食に5倍粥を50g程度、ジャガイモを1/3、約45g程度、食パンを1/4枚・・・ 続きを読む

★ 9ヶ月から11ヶ月のカミカミ期
離乳食のリズムがだんだんと出来てきたこの時期は、離乳食の回数を3回に増やして行きます。3回食を始めたばかりの時期は量をしっかり食べると言う事よりも、3回の・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 栄養バランスについて
◆ おかゆレシピの紹介
◆ 調理時間の短縮
◆ 離乳食メニューの紹介