■子育て中のママさんに人気急騰!教育関連商材人気ランキング


子育て中の親御さんに子供の教育関連商材や子育ての悩み解消関連商材が非常に人気です!特に合格保証付きの小学校受験・幼稚園受験は各種マスコミでも取り上げられており話題を呼んでいます。子育て関連情報に興味のある方はぜひ各サイトをご参考下さい。

1位 あすか会の小学校受験・合格講座【DVD3枚付き】
・成蹊123名、桐朋125名、国立学園226名など有名小に圧倒的な
 合格実績を誇る幼児教育の第一人者が合格の秘訣を全て公開!
・小学校受験の教室を始めて30年・あすか会の小池先生が監修!
・テレビ朝日・日本テレビなどの各種メディアで取り上げられた実績!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆

3位 3日後から育児が30倍楽しくなる魔法の育児術
・育児の悩み・ストレスから解放され、かけがえのない子供との
 時間を楽しく過ごすための3つの法則を公開!
・育児ストレスの根本にあるイライラや不快感を払拭!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆




■離乳食のスタートの基本


離乳食のスタートは「炭水化物」からが基本です。日本で書店に並ぶ離乳食の本のスタートは殆んどが「10倍粥」から始まっています。 その理由としては、まずは大人と違い、消化吸収の機能である小腸の粘膜が未発達で、たんぱく質などの消化が上手くできません。栄養素としては必要なたんぱく質ですが、機能の未発達な赤ちゃんの体には負担となってしまいます。未発達な赤ちゃんの消化機能でも消化吸収してくれるのが、炭水化物なのです。そして、離乳食スタートの「食物を液状にする」と言う調理がとても簡単にできるメリットもあります。そのために炭水化物からスタートが基本となっています。

炭水化物に慣れてきたら、アクや苦味などの強くない野菜などからビタミンやミネラルを取り入れ、成長に欠かせないたんぱく質も徐々に取り入れていく必要が出てきます。たんぱく質のスタートは、脂の少ない植物性のたんぱく質からスタートする事をお勧めします。比較的取り入れやすい食材としては「豆腐」などが挙げられます。その他にも「タイ」などの白身魚もたんぱく質のスタート食材に適しています。たんぱく質でアレルギー反応を示す赤ちゃんもいるので、初めての食材は赤ちゃん用のスプーン一匙ずつ始めるのが基本です。

消化吸収機能に加えて腎臓などの機能も未発達な為、塩分はとても負担となります。味付けは素材の味だけでも十分食べてくれますから、塩分の使用には十分注意しましょう。

その他にも、赤ちゃんは細菌への抵抗力が弱い為、ほんのわずかな細菌が体内に入っただけでも食中毒を起こし、重症になる場合もあるので、食物はよく加熱調理しましょう。加熱意外にも、手を良く洗う、調理器具や食器類も丁寧に洗浄し、加熱消毒をする事をお勧めします。離乳食の作り置きもお勧めできません。離乳食のスタート時は量も少ししか食べられない為、調理がついつい面倒だったり、食べ残しを勿体無いと思ってしまいがちですが、食べ残しの保存は絶対に止めましょう。

■各時期の具体的な進め方を学ぼう!


★ 5ヶ月から6ヶ月のゴックン期
離乳食を始める時に悩むのが与える量ですよね。まずは、1日単位で与える量を増やしていきましょう。離乳食スタート1日目は10倍粥のすりつぶしを小さじ1さじ(5ml)・・・・ 続きを読む

★ 7ヶ月から8ヶ月のモグモグ期
離乳食に慣れてきた7ヶ月から8ヶ月頃のモグモグ期前半にはエネルギー源となる炭水化物を1食に5倍粥を50g程度、ジャガイモを1/3、約45g程度、食パンを1/4枚・・・ 続きを読む

★ 9ヶ月から11ヶ月のカミカミ期
離乳食のリズムがだんだんと出来てきたこの時期は、離乳食の回数を3回に増やして行きます。3回食を始めたばかりの時期は量をしっかり食べると言う事よりも、3回の・・・ 続きを読む

★ 1歳から1歳半のパクパク期
バナナ程度の硬さの食べ物の固まりをモグモグと口を動かして食べられる、3食しっかりと食べられるようになればパクパク期へ突入です。1歳を過ぎ、殆んどの食材を口・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 栄養バランスについて
◆ おかゆレシピの紹介
◆ 調理時間の短縮
◆ 離乳食メニューの紹介