■子育て中のママさんに人気急騰!教育関連商材人気ランキング


子育て中の親御さんに子供の教育関連商材や子育ての悩み解消関連商材が非常に人気です!特に合格保証付きの小学校受験・幼稚園受験は各種マスコミでも取り上げられており話題を呼んでいます。子育て関連情報に興味のある方はぜひ各サイトをご参考下さい。

1位 あすか会の小学校受験・合格講座【DVD3枚付き】
・成蹊123名、桐朋125名、国立学園226名など有名小に圧倒的な
 合格実績を誇る幼児教育の第一人者が合格の秘訣を全て公開!
・小学校受験の教室を始めて30年・あすか会の小池先生が監修!
・テレビ朝日・日本テレビなどの各種メディアで取り上げられた実績!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆

3位 3日後から育児が30倍楽しくなる魔法の育児術
・育児の悩み・ストレスから解放され、かけがえのない子供との
 時間を楽しく過ごすための3つの法則を公開!
・育児ストレスの根本にあるイライラや不快感を払拭!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆




■離乳食の意義


離乳食にはどのような意義があるのでしょうか。なぜ離乳食を 取り入れることが必要なのか、ということを見てみましょう。 離乳食は、母乳やミルクという液体だけの食事から固形の食事、 つまり普通の食事に慣れていくための段階的な食事の練習だと いうことができます。また、体の発達に伴い、母乳やミルク だけでは栄養が足りなくなるのを防ぐために、必要な栄養を とっていく、という目的もあります。

今まで母乳やミルクだけの味や感触に慣れていた赤ちゃんに、 段階的に色々な食事を与えることで違った味に慣れ、違った 食感になれる、という練習にもなります。離乳食の時期は、 母乳やミルクを併用していることもあり、栄養については そんなに気を配る必要はありません。どちらかというと、 色々な味わいや食感のものに触れさせ、段階的に固形物に 慣れさせていく、ということが目的になります。

もちろん赤ちゃんの好き嫌いもありますから、それぞれの 赤ちゃんの様子を見ながら、どのようなものを与えていくか、 ということを決めていけばいいでしょう。こうして色々な 食事を与えて赤ちゃんにさまざまな食感を慣れさせるという 目的もありますから、離乳食は全て手作り、ということに そんなにこだわることもありません。上手に市販のものを 取り入れながら、バリエーションを増やしてあげるほうが 離乳食の本来の意義からすると正しいのではないでしょうか。

もちろん味付けを工夫することや、アレルギーに気をつける、 ということは必要ですが、あくまでも食事の練習期間である、 という意識でゆったり構えて離乳食を与えてあげましょう。    

■各時期の具体的な進め方を学ぼう!


★ 5ヶ月から6ヶ月のゴックン期
離乳食を始める時に悩むのが与える量ですよね。まずは、1日単位で与える量を増やしていきましょう。離乳食スタート1日目は10倍粥のすりつぶしを小さじ1さじ(5ml)・・・・ 続きを読む

★ 7ヶ月から8ヶ月のモグモグ期
離乳食に慣れてきた7ヶ月から8ヶ月頃のモグモグ期前半にはエネルギー源となる炭水化物を1食に5倍粥を50g程度、ジャガイモを1/3、約45g程度、食パンを1/4枚・・・ 続きを読む

★ 9ヶ月から11ヶ月のカミカミ期
離乳食のリズムがだんだんと出来てきたこの時期は、離乳食の回数を3回に増やして行きます。3回食を始めたばかりの時期は量をしっかり食べると言う事よりも、3回の・・・ 続きを読む

★ 1歳から1歳半のパクパク期
バナナ程度の硬さの食べ物の固まりをモグモグと口を動かして食べられる、3食しっかりと食べられるようになればパクパク期へ突入です。1歳を過ぎ、殆んどの食材を口・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ 栄養バランスについて
◆ おかゆレシピの紹介
◆ 調理時間の短縮
◆ 離乳食メニューの紹介